チック症状を東洋医学で治療! 小児はり師のいる鍼灸院


当院への依頼の多い
小児はり症状・TOP5
夜泣き   かんのむし
アレルギー症状
ストレスによる症状
チック症状
鼻水・鼻づまり


小児はりの治療料金はコチラから

小児はりは刺さない鍼治療です。
百聞は一見にしかず。
まずは映像で確かめてください♪


当院には河内長野だけでなく
大阪市・堺市・松原市・羽曳野市
和泉市・岸和田市
そして和歌山・奈良・近畿圏外からも
ご来院いただいています。

ご予約はコチラをクリック
お気軽にメールしてみてくださいね♪

 

ママサポートな小児はり治療院
 足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4
  0721-53-6330

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は9:00~15:00まで治療しています。

日曜日・祝日は
休診となります。


 
メールでのご予約はこちら


育児経験豊か&子どもが大好き!
なスタッフがお待ちしています♪

子どもの健康のこと・当院のこと
などなど書いています。


ママサポートなホームページの皆さまと相互リンクしています。
相互リンクについてはコチラ!

■ 週間少年マガジン ■

     2010. 03.03号 
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。


 子どものチック症は心因的症状のひとつ



現代の子どもたちを取り巻く環境には、多くのストレス要因があります。
このストレスは年々、多様化、複雑化していると言って良いでしょう。

しかし、お子さんの感受性は昔も今も同じです。
繊細で傷つきやすい面を持っています。

メンタル(精神的)な問題から身体的な変化や症状に表れる症状
それが
子どものチック症です。

 お子さんのチック症状

 

  まぶたをしきりに
まばたきする
  顔の表情を頻繁にしかめる、ゆがめる
  しきりに
首をひねる
  頭を動かす
  肩をすぼめる・肩を動かす
 
しきりに咳払いをする


  ・・・など、お子さんによって、症状のバリエーションも違ってきます。

 お子さんのチック症の原因

チック症の原因として第1に挙げられるのは“緊張やストレス”です。

 ・これらの精神的な負担が過剰にかかった場合
 ・長期間にわたって精神的な負担が続いた場合
  にチック症として現れることになります。

現代のお子さんには“不安・緊張・葛藤”などが強く働いていることは
一般的にも認められていることです。

 チック症が起こりやすい年代

チック症が起こりやすいのは、園児~小学生のお子さんにしばしばみられます。
(※この年代よりも上のお子さんにもチック症が起こることはあります。)

園児期~小学生の年代のお子さんにとって、
この時期に起こる環境の変化は生まれて初めての経験の連続です。

特に大きな壁となるのが【人間関係】です。
家族以外の人との集団生活の時間が増えるのがこの時期です。

お子さん自身の成長に伴って、今まで以上に【自己と他者(環境)の区別】がはっきりしてきます。
そのため周りの変化を今まで以上に強く認識することになるのです。

しかし、周囲に対しての“対応の仕方”はまだ未熟なため、そのギャップを強く感じストレスの元となるのです。

これは大人には分からない、お子さんの大きな悩み・試練でもあります。

 お子さん本人にも、大人にも分からないストレスとは…?

私たち大人から見て、チック症の原因となったストレスや出来事がはっきりと分かるケースは少ないです。

むしろ『なんでチック症が起こったのか…分からない。』

とお母さん・お父さんを悩ませるケースの方が圧倒的に多いです。

その理由は大人にとっては大した問題ではない出来事でも、お子さんにとってはとても大きな悩み・試練であること。

また、お子さん本人にも気づかないうちに心の奥底にストレスや緊張が蓄積していることもあるのです。

本人すら気づかないストレス。
これはストレス発散のしようがありません。

どこにぶつけていいか分からないストレス
そのため、体の動作に繰り返し表現してしまうこととなるのです。

これがチック症の正体なのです。

 チック症の治療法

心身に蓄積したストレス・緊張を緩めて取り除いてあげること。
これがチック症の治療法です。

メンタルな問題はすぐに解決できるものではありません。
しかし、それに比べて
身体的な緊張は簡単に取り除きやすいのです。

この法則を利用して小児はりではチック症を治療します。

【体の緊張を緩めることは精神的な緊張を緩めること】につながります。
心身のバランスは調い、自然とチック症状は消失していきます。

特にお子さんは、身体と精神の関係は互いに強く影響しているので
身体の緊張を緩めることが、心身のバランスを調節することにダイレクトで結びつくのです。






お電話でのご予約は・・・0721-53-6330    


子どもを東洋医学で守る! 小児はり師のいるはりきゅう治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  子どもの症状・トラブルいろいろ  -  小児はりに関するQ&A -

実際の小児はり治療のようす -  小児はりの治療料金 - 患者さまの声 -

小児はり師プロフィール -  アクセス  -

小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.