小児はりに関するQ&Aです 小児はり師のいる鍼灸院


当院への依頼の多い
小児はり症状・TOP5
夜泣き   かんのむし
アレルギー症状
ストレスによる症状
チック症状
鼻水・鼻づまり


小児はりの治療料金はコチラから

小児はりは刺さない鍼治療です。
百聞は一見にしかず。
まずは映像で確かめてください♪


当院には河内長野だけでなく
大阪市・堺市・松原市・羽曳野市
和泉市・岸和田市
そして和歌山・奈良・近畿圏外からも
ご来院いただいています。

ご予約はコチラをクリック
お気軽にメールしてみてくださいね♪

 

ママサポートな小児はり治療院
 足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒568-0018
大阪府河内長野市千代田南町12-4
  0721-53-6330

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00
休診 12:00
~15:00

土曜日は9:00~15:00まで治療しています。

日曜日・祝日は
休診となります。


 
メールでのご予約はこちら


育児経験豊か&子どもが大好き!
なスタッフがお待ちしています♪

子どもの健康のこと・当院のこと
などなど書いています。


ママサポートなホームページの皆さまと相互リンクしています。
相互リンクについてはコチラ!

■ 週間少年マガジン ■

     2010. 03.03号 
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。


小児はりは子どもに必要な医学です




  小児はりの3つの良いところ♪

  子どもの体質を把握し、適切な治療を行う!

あなたはお子さまの体質を正しく把握しているでしょうか?

ひとりひとり異なるお子さまの体質。
その体質を把握し、日々の生活を送ること。

お子さまの健康維持と成長・発育にとっては非常に大切なことなのです。

当院では、小児はり師がお子さまの体質を東洋医学的に判断し
その体質に応じた治療と健康ポイントをお伝えしています。

  大切なスキンシップ♪

子どもたち体や心の発育にとって“スキンシップが大切”なことは
よく知られています。

しかし実際のところ、定期的に、継続して、正しくスキンシップを行うことは
そう簡単なことではありません。

特に現代のお子さん、そしてお母さんは忙しいのです。
『ゆっくりスキンシップできない!』というのが実情です。

当院では、小児はりを使い、
体のツボを通じて
お子さまひとりひとりの体質に合ったスキンシップ法を行っています。

  病気体質を治すなら・・・スキンシップ+アルファ!

当院で行う小児はり治療は
スキンシップだけではありません

肌への刺激に加え、ツボ(経穴)へ刺激を行うからです。

このツボ(経穴)への刺激は、体の奥深くにその効果を浸透させます。

単純にスキンシップを行うよりも、その効果は高いのです。
根深い病気体質を改善できる理由はココにあるのです。


  実際の小児はり治療の流れ

  写真でみる小児はり治療!
 
  動画でみる小児はり治療!


 
 皆さまからの質問!

1、子どもに使う“はり”は安全なの?

2、本当に刺さない“はり”なの?

3、何歳から小児はりは受けられるの?

4、どんなときに小児はりを受ければいいの?

5、どれくらいのペースで通院すればいいのですか?

6、どれくらいの効果があるんですか?

7、自宅でもできることってありますか?








  子どもたちを守る東洋医学
日本には子供たちの健康を守るため、古来より受け継がれてきた医学があります。
それが小児はり・漢方薬・按腹(ベビーマッサージ)です。

昔の日本人は、産まれたときから漢方薬を服用して胎毒(たいどく)を追い出し
小児はりを行い、按腹・按摩で子供たちの体調を整えてきました。

これらの小児科医学の働きで、現代と比べてはるかに過酷ともいえる時代を、強くたくましく生き抜いてきたのです。


  子どもたちを守る小児はり
小児はり というと
『子どもに針を刺すんですか???』
と不安まじりに尋ねられることは少なくありません。

しかし、この点はご安心ください。
『小児はりは刺しません。』

デリケートな赤ちゃんや子どもの体質に合わせて
“触れるだけの鍼(接触鍼)”を用いて治療を行います。

 小児はりの詳しい情報はコチラ!

こんな体験会も過去に行いました!
 ママサポート小児はり体験会


  子どもたちを守る漢方薬

赤ちゃんやお子さんに必要な漢方薬があります。
たとえば、『まくり』というお薬。
『まくり』とは別名『胎毒下し』ともいいます。
これは産まれたばかりの赤ちゃんが飲む漢方薬です。

 小児科漢方の詳しい説明はコチラ


  子どもたちを守るマッサージ=按腹(あんぷく)
按腹(あんぷく)とは、文字通り『お腹を按じる(マッサージ)すること』
しかし、お腹をもんだり、押したりするのではありません。
温かい手で、やさしくさすってあげることです。

 按摩・按腹について詳しい情報はコチラ!







お電話でのご予約は・・・0721-53-6330    


 

1,子どもたちの健康を守るために
  東洋医学でサポート!

2、子どもたちの健康は
  お母さんの元気につながります。

3、お母さんが元気になるということは
  育児そのもの質を向上させます。

4、お母さんが元気になるツボを伝授します!

5、お子さんの体質・症状の原因・
  治療方針について
  分かりやすく説明いたします。

6、お子さんの体質、お母さんの体質に
  合った養生法を指導します♪ 

7、必要に応じて漢方専門薬剤師
  の処方もお求めできます!

7つのサポートが【母と子の笑顔や元気】に結びつくと信じて治療を行っています



子どもを東洋医学で守る! 小児はり師のいるはりきゅう治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道  大阪府河内長野市千代田南町12-4 

  ホーム  -  子どもの症状・トラブルいろいろ  -  小児はりに関するQ&A -

実際の小児はり治療のようす -  小児はりの治療料金 - 患者さまの声 -

小児はり師プロフィール -  アクセス  -

小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.