夜尿症 おねしょ 冷え 小児はりで改善 大阪 河内長野 小児はり鍼灸院


    
夜尿症とプールの影響   
はてなブックマークに追加

おねしょ(夜尿症)体質とプールの関係 


 治まっていたはずの“おねしょ”が再発!?

『6月~7月になってから夜尿症が再発した。』
『回数が減っていたおねしょが増えた。』

夜尿症の治療をしていると、このような声を聴くことがあります。
プールの時期に夜尿症が悪化するケースはしばしば見受けられます。

このようなことは100%起こるわけではありません。しかし、おねしょの一時的な悪化は、プールに関係している場合があります。

 “おねしょ”とプールってどんな関係があるの?

天候にもよりますが、プールに入ると冷えます。
特に6~7月の時期は、真夏の日差しほど暑くならず、
プールに入ると肌寒い日が多いです。

お子さんによっては、寒さで歯がカチカチ鳴ったり、
唇が青紫色になる子もいます。

屋外のプールは体を冷やされるケースが多いのです。

そして…、体が冷えると夜尿症は起こりやすくなります。

 冷え体質とおねしょ(夜尿症)

『寒い場所に居ると“ブルッ…”と震えてトイレに行きたくなる。』
こんな経験は誰もがすることです。

人体には冷えると膀胱の水を排出しようとする働きがあります。

このような状態が睡眠中で起こっているのがプール後の夜尿症です。

【おねしょ(夜尿症)=冷え体質】
このようにお子さんの体質を診ることもできます。

基本的にお子さんは生命力にあふれ、元気いっぱいですので
冷え体質と言われてもピンとこない方も多いと思います。

しかし、表面上は熱が豊富のようにみえて、深いところに冷えを持っている“隠れ冷え体質”が夜尿症のお子さんには見られます。

 夏の冷えにご注意を・・・

プールの他にもクーラーで冷やされていることも多いです。

塾や学校、通学途中などで、足元が冷やされてしまう・・・
こんなケースも要注意ですね。

知覚できる体感温度と、足元の冷気との温度差は意外と大きく、
知らないうちに足先が冷たくなっていることが少なくありません。

また、冷たい飲み物・冷たい食べ物も体の芯から冷やします。

夏前から(ひどいと一年中)コツコツと体を芯から冷やしている…と、そんなお子さんは多いのです。夜尿症を改善するためにも、まずは生活習慣をチェックしてあげることも重要です。



赤ちゃんでも平気な“小児はり”です。
早め治療をご希望されるママさんは今すぐコチラから!

お電話でのご予約は・・・0721-53-6330
ホームページ割引きで初診の方は・・・
3,000円→
2,000円とさせていただきます。


夜尿症とプールの影響   
はてなブックマークに追加




刺さない鍼でケアする小児はり
百聞は一見にしかずです。
まずは映像でご覧ください


当院には河内長野だけでなく
大阪市・堺市・松原市・和泉市・岸和田市・泉南市
和歌山・奈良・近畿圏外からも
ご来院いただいています。

育児経験豊か&子ども大好き
なスタッフがお待ちしています
 ご予約はコチラをクリック
お気軽にメールしてください
 
当院のこと、鍼灸治療のことなど書いています。



ママサポートな小児はり治療院
 足立鍼灸治療院 仁鍼道
受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00

12:00
~15:00

土曜日は9:00~15:00まで診療
日・祝日は
休診となります。

■ご予約・ご相談はコチラ
 0721-53-6330
 
メールはコチラから
子どもの健康を東洋医学でサポート 小児はり師の鍼灸院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 大阪府河内長野市千代田南町12-4 

ホーム  -  子どもの症状・トラブルいろいろ  -  小児はりに関するQ&A -

実際の小児はり治療のようす -  小児はりの治療料金 - 患者さまの声 -

小児はり師プロフィール -  アクセス  - 相互リンクについて

小児はり 育児ママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.